当院について-循環器内科、各種診療科や検査・健診。大田区の東京蒲田病院。

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 当院について > ご挨拶

―信頼される医療を目指して―
当院について

理事長ご挨拶

理事長 井上 直人

 医療法人社団 森と海 東京 東京蒲田病院理事長の井上直人です。
 平成24年9月にJR蒲田西口に病床数180床の新病院が誕生いたしました。このような時期に理事長の大役を務めさせていただくことは、光栄であるとともにその責任の重さに身の引き締まる思いを感じております。

 当院の診療の特徴は、総合内科、循環器、泌尿器、消化器、糖尿病代謝、整形外科の成人病部門であります。生活習慣の欧米化に伴い、動脈硬化を促進する高血圧症、高脂血症、糖尿病を抱えている患者さんは増え続けています。また動脈硬化は全身疾患であり、脳血管、心臓、腎臓、足の動脈などさまざまな臓器に生じてまいります。それらを総合的に管理できる病院にしたいと考えております。最新のCT、超音波装置で動脈硬化をスクリーニングし、血管治療のエキスパートが治療にあたり、糖尿病代謝科の医師が全身管理いたします。また、尿路疾患に対しては最新の結石破砕装置 (ESWL) を導入し、迅速に治療にあたることが可能です。消化器疾患においては、内視鏡のエキスパートが診断から治療にあたります。さらに整形外科においては基準クラス10,000の手術室でハイレベルの治療が可能です。

 平成28年10月より東京都CCUネットワークにも加盟することが承認されました。大田区では4番目の加盟施設になりますが大変な栄誉であり、これを契機に地域の循環器疾患の急性期治療にさらに取り組んで行く所存です。当院は羽田空港とも近く、CCUネットワーク加盟後は飛行機の中で心筋梗塞になったような方も搬入されています。
また、地域包括ケア病床、療養型病棟を併設しています。地域包括ケア病床では急性期病棟で急性期治療を終えた患者さんの介護施設や在宅への復帰を支援しております。また、療養型病棟におきましては専任の医師が管理し、患者さんには上質のアメニティーを提供しています。

 当院は診療所、他の病院と密接な連携をとり入院診療に特化した病院を目指しております。入院治療が必要な時には当院で集中的に治療させていただき、その後の通院は診療所の先生方にお任せする完全に機能分化ができた病院であります。移転以後、昭和大学病院、東邦大学医療センターを中心に城南地域の各病院ならびに診療所と病病、病診連携をスムーズに行ってきております。医師会の先生方の患者さんが急変された場合の対応、特別養護施設、老人ホームの患者さんの急変時にも対応させていただいています。このような「分担と連携」は当院の基本方針であり、夢のある病院を実現すべく職員一丸となって頑張っていく所存です。

 どうぞ宜しくお願いいたします。


院長ご挨拶

院長 小山 豊

 このたび東京蒲田病院の院長を拝命しました。近隣の先生方をはじめ皆様方にはいつも大変お世話になっております。

 当院は開院して4年半が経ちました。循環器科、泌尿器科、総合内科、神経内科、糖代謝内分泌科、透析科を主たる診療科としてまいりましたが、この1年間で消化器内科と整形外科、リハビリテーション科にそれぞれ常勤医が着任いたしました。これまで以上に多領域にわたり地域の皆様のお役に立てることを大変誇りに思っております。循環器科は昨年10月に東京都CCUネットワークに加入したことにより急性心筋梗塞といった一分一秒を争う循環器救急医療の領域において今まで以上に地域に貢献できるようになりました。

 さらに昨年より地域包括ケア病床を開設いたしましたので、整形外科疾患や長期入院による筋力低下に対する退院前のリハビリテーションがより充実して行えるようになりました。

 これからも地域医療に根付いた信頼される診療と医療連携に努めてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。


PAGE TOP