病棟の紹介-東京蒲田病院

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 看護部 > 病棟の紹介

看護部
病棟の紹介

看護部の組織図


※画像をクリックすると拡大で御覧いただけます


病棟の紹介

2階病棟の紹介

 2階病棟は循環器内科・消化器内科をメインとした急性期病棟であり、循環器内科では心不全や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する心臓カテーテル検査や心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術)を受けられる患者の早期退院を目指した看護に取り組んでいます。
 また消化器内科では胃カメラや大腸ファイバースコープ等の検査や腹水穿刺等処置があり、直接的に治療に携わる機会が多い病棟です。地域の基幹病院としての役割を担っていけるような病棟作りを目指して、スタッフ一丸となって日々の業務を遂行しています。

3階病棟の紹介

 平成28年6月1日より地域包括ケア病床として始動しました。退院に向けてリハビリが必要な患者さんや、退院後の在宅調整や施設を検討している患者さんの退院支援に今まで以上に力を入れております。地域の医療機関や介護施設の方々と連携を取りながら、患者さんがいつまでも地域で健康に生活出来るようスタッフ一丸となって関わっています。

4階病棟の紹介

 整形外科・泌尿器科・内科の患者さんが中心に入院治療されている病棟です。整形外科では骨折に対する手術を受けられる方への術前術後の看護に携われます。
 また泌尿器科では腎・尿管結石に対する体外衝撃破結石破砕術のような短期入院の患者さんへは生活指導を行っています。肺炎や脱水などの内科的治療を必要とするご高齢の患者さんに対する日常生活援助、家族への支援もそれぞれの症例を通して日々学ぶことができます。

5・6階病棟の紹介

 5・6階病棟は、40床の医療療養型の病棟です。主に、医療依存度の高い神経難病の方や癌のターミナルの方、透析患者さんたちが入院されています。
 今年の新たな試みとして、他職種による人工呼吸器装着中の患者さんの入浴介助の実施や、季節のイベントとしてスタッフと患者さんとご家族でお花見にも行ってきました。患者さんが安心して療養生活を送れるよう、より良い看護サービスを提供しています。

7・8階病棟の紹介

 7・8階病棟は、医療療養型の病棟です。主に人工呼吸器・中心静脈栄養・経管栄養などの医療を必要とする患者さんの生活援助を行っています。患者さんの誕生日にはお祝いコメント入りのバースデーカードを作成し、渡しています。
 看護師・看護補助と協力し、日々、患者さんが充実した入院生活が送れる環境作りを目指しています。

透析室の紹介

 透析室では、糖尿病や腎硬化症などの合併症により慢性腎不全になった患者さんの血液透析を行っています。主に慢性維持透析の患者さんが殆どですが、透析導入期の心身のケアや透析中の全身状態の観察、足浴などのケアが主になってきます。また、透析室は医師、看護師だけでなく、臨床工学技士とも連携し、安全、安心に透析が受けられるように努めています。
 新人スタッフへの指導は、年間計画に基づき、透析療法の理解、技術の習得を目指して個々の到達状況を確認しながら進めています。


PAGE TOP