結石破砕術について。

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

各種検査・健診・手術

結石破砕術

結石による疝痛発作にて来院時、直ちに確定診断して結石破砕術を施行します。


体外衝撃波結石破砕術とは?

体外衝撃波結石破砕術とは、体の外から衝撃波をあて、尿路結石を細かく砕き、尿と共に排出する治療です。


尿路結石って?

尿路系に沈着する結晶の石、もしくはその石が詰まってしまう症状。


どんな症状?

  • 左右の腰部痛(仙痛発作)
  • 嘔吐
  • 冷や汗
  • 血尿

原因は?

食事
バランスの良い食事をしていない
動物性食品の多量摂取
水分摂取量が少ない
タ食を多量にとる
タ食から就寝までの時間が短い

水分摂取量が少ない
<バスやタクシーの運転手など>
環境
暑さによる発汗
ストレス
30歳~60歳くらいの中間管理職
アルコール
お酒(ビール)の過剰摂取

どんな治療?

この治療は保険適応です。開腹手術をしないので、体に傷が残りません。原則として麻酔は必要ありません。高齢の方、心臓病や糖尿病などの方にも安全に治療できます。すぐに社会(職場)復帰が可能です。

原則1泊2日の入院治療ですが、場合によっては日帰りの外来治療ができます。週末(土曜日)治療もできます。

東京蒲田病院では


※画像をクリックすると拡大で御覧いただけます

日本泌尿器科学会認定の泌尿器科専門医教育医療機関です。専門医2名が常勤しています。年間平均235例以上の体外衝撃波結石破砕術を行っています。(平成23年は、321件施行いたしました。) 東京都城南地域、神奈川県東部地域において最も多い症例数を行っています。
どうぞご安心してお気軽にご相談してください。


PAGE TOP