消化器内科のご案内。大田区の東京蒲田病院。

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 診療科のご案内 > 消化器内科

診療科のご案内

消化器内科

当科について

 主に消化器全般(食道、胃、腸などの消化管、肝・胆膵における疾患)の診断、治療を行っております。受診する方の症状としては腹痛、胸やけ、のどのつかえ、胃もたれ、腹部膨満、食欲不振、嘔吐、下痢、血便など多岐にわたります。これらの症状を問診および診察、血液検査、超音波検査、CT検査、内視鏡検査などの様々な検査を含め、統合的に判断し診断します。また、消化管癌は血液検査の腫瘍マーカーや便検査に異常がみられなくても、実際にカメラをしたら早期癌がみつかったということは珍しいことではありません。

 当院では他院とは違い比較的早い検査予約が可能であり、また内視鏡専門医による的確な診断を受けることができます。また苦痛の少ない内視鏡を常に目指しておりご希望の方には鎮静剤を用いた検査も行っております。心配なことや気がかりなことがありましたら、是非お気軽にご相談ください。

対象疾患と診療内容

 食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌、胆管癌などの悪性腫瘍、粘膜下腫瘍やポリープなどの良性腫瘍、逆流性食道炎、急性・慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、急性腸炎、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、機能性ディスペプシア、腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群の機能異常症、ウィルス性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆管汁性肝硬変、胆石症、急性・慢性膵炎。

 主に内視鏡の検査、治療に力をいれております。早期癌の治療は、今ではお腹を切らなくても内視鏡で治すことができます。また胃・十二指腸潰瘍、胃癌の原因となるヘリコバクター・ピロリ感染症の診断、治療も積極的に学会認定医が行っております。


PAGE TOP