教育制度-東京蒲田病院

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 看護部 > 教育制度

看護部
教育制度

教育制度

看護部の教育

教育方針
  1. 病院理念・看護部理念に基づいて組織人として行動できる看護師の育成
  2. 専門職業人として責任をもち自己実現に向け行動できる看護師の育成
教育目的
  1. 安全・安心な看護の提供のため、臨床実践能力の向上を図る
  2. 自己の役割とポジションを認識し、チーム医療実践力を養う
  3. 地域との継続看護実践のため、知識・技術を身につける
  4. 組織の一員として、マネジメント能力を身につける
教育計画
対象者 ステップ1(1年目)
方法 学研 ナーシングサポート 集合研修
4月 フィジカルアセスメントを進める 重症度:看護必要度
5月 安全、安心に実施できる採血法と注射法 BLS
6月 今どきのバイタルサインの評価法 医療における倫理とは
7月 導尿・膀胱留置カテーテルの挿入と管理  
8月 輸液管理とIN/OUTバランス   
9月 褥瘡の発生要因と予防ケア  
10月 人工呼吸器装着患者の看護 コミュニケーションのこころえ
GW
11月 見逃さない!心電図の異常波形  
12月 新ガイドラインで読み解く心肺蘇生 感染
1月 STOP!転倒・転落
~患者の安全を守るには~
 
2月 薬剤について説明するとき、使うとき  
3月 死後の処置(エンゼルケア)の基本
~役割と実践が分かる~
看護観発表会
対象者 ステップ2(2~3年目)
方法 学研 ナーシングサポート 集合研修
4月 フィジカルアセスメントを進める 重症度:看護必要度
5月 安全、安心に実施できる採血法と注射法 医療における倫理とは
6月 今どきのバイタルサインの評価法 コミュニケーションのこころえ
GW
7月 導尿・膀胱留置カテーテルの挿入と管理  
8月 輸液管理とIN/OUTバランス   
9月 褥瘡の発生要因と予防ケア  
10月 人工呼吸器装着患者の看護  
11月 見逃さない!心電図の異常波形 KYT
12月 新ガイドラインで読み解く心肺蘇生  
1月 STOP!転倒・転落
~患者の安全を守るには~
BLS
2月 薬剤について説明するとき、使うとき プリセプターシップとは
3月 死後の処置(エンゼルケア)の基本
~役割と実践が分かる~
看護観発表会
対象者 ステップ3(4~5年目)
方法 学研 ナーシングサポート 集合研修
4月 ファシリテーションスキル
~チーム医療における中堅看護師の役割~
重症度:看護必要度
5月 慢性呼吸不全のヘルスアセスメント  
6月 エビデンスから読み解く
慢性心不全のマネジメント
 
7月 脳の画像から考える看護ケアの実践 症例検討
8月 糖尿病の最新治療と合併症  
9月 リーダー論
~リーダーの役割と部下のかかわり方~
 
10月 臨床で生かす妊産婦ケア
※必修ではない
BLS
11月 救急に携わる看護師が知っておくべきこと  
12月 がん性疼痛 ~痛みの評価と薬の使い方~ リーダーの役割
1月 チームでかかわるリハビリテーション  
2月 消化器治療 ~内視鏡の最新トピックス~ 症例発表
3月 急変シミュレーショントレーニング  
対象者 ステップ4(5年目以上)
方法 学研 ナーシングサポート 集合研修
4月 ファシリテーションスキル
~チーム医療における 中堅看護師の役割~
重症度:看護必要度
5月 慢性呼吸不全のヘルスアセスメント  
6月 エビデンスから読み解く
慢性心不全のマネジメント
BLS
7月 脳の画像から考える看護ケアの実践 看護研究(症例)
8月 糖尿病の最新治療と合併症  
9月 リーダー論
~リーダーの役割と部下のかかわり方~
 
10月 臨床で生かす妊産婦ケア
※必修ではない
リーダーの役割
GW
11月 救急に携わる看護師が知っておくべきこと  
12月 がん性疼痛 ~痛みの評価と薬の使い方~  
1月 チームでかかわるリハビリテーション 教育担当者研修
2月 消化器治療 ~内視鏡の最新トピックス~  
3月 急変シミュレーショントレーニング  
対象者 ステップ5(主任以上)
方法 学研 ナーシングサポート 集合研修
4月 知っておきたい看護制度とその動向  
5月 知ってみようストレスマネジメント  
6月 新人、中堅、転職者の職場適応支援  
7月 地域包括ケアを意識した患者支援とは  
8月 看護と労務管理について考える  
9月 見につけておきたい災害時の役割と機能  
10月 人材育成を考える~組織のかかわり方~  
11月 認知症患者の全人的ケアを目指して  
12月 病棟管理の可視化  
1月 医療現場における個人情報保護とは  
2月 目標管理の方法と実際  
3月 ベッドコントロールの実践と入退院支援  

お問い合せ

東京蒲田病院に、興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

  • お申し込み&お問い合せ
  • 随時、面接・見学を受けています!

PAGE TOP