東京蒲田病院の地域医療連携について。

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

医療関係者の方へ

薬剤科

疑義照会(保険薬局の方へ)

院外処方箋における疑義照会適正化プロトコル運用について

平素より、当院発行の院外処方せんを応需いただき、ありがとうございます。
このたび、疑義照会適正化プロトコルを運用することとしました。
これは、平成22年4月30日付厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコルに基づく薬物治療の一環とするものです。
調剤上の典型的な変更に伴う処方医への問い合わせを減らし、患者への薬学的ケアの充実、外来患者に対するサービス向上、処方医師の負担軽減を目的としています。
本プロトコルを適正に運用するため、開始にあたっては、その趣旨や詳細について当院運用のプロトコル文書をご理解頂き、合意書を交わすことを必須条件としております。
本プロトコルへの参画をご希望される方は、ご連絡ください。

疑義照会について

発行の処方箋についての疑義照会はすべて電話かつFAXで受け付けています。
薬当院剤科では照会内容を記録しています。処方箋のコピーと疑義照会票をセットにしてFAX送信後に病院の代表を通じて薬剤科へ連絡していただきますようご協力よろしくお願いいたします。

  • ※疑義照会票のフォーマットは問いませんが、書式がない場合は下記の書式をダウンロードしてご利用ください。
連絡先

TEL : 03-3733-0525(代表)
FAX : 03-3733-2871

疑義照会対応時間

平日・土曜日 8:30~17:00

  • ※上記以外の時間帯でも受け付けておりますが、回答は翌日(日曜祝日を除く)とさせて頂く事があります。
    何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

トレーシングレポートについて

外来診療で処方される薬剤は全て院外処方となっており、病院で受け取った処方せんは院外の保険薬局に提出して薬をもらう、という流れになっています。
このため、当院の薬剤師が外来患者さんと直接関わることはあまりありませんが、当院薬剤科では、医薬品適正使用推進や医療安全の観点から、トレーシングレポートを導入しております。

トレーシングレポートとは、患者さんからの聞き取り情報(アドヒアランス、軽微な副作用、複数病院受診、OTCや健康食品の服用など)を医師へフィードバックするレポートです。
保険薬局で「処方医師へ情報提供した方が望ましい」と判断された内容を当院薬剤科で集約し、医師へ情報伝達を行い情報の共有化を図るとともに、今後の治療へ繋げていきます。情報の提供は下記レポート用紙を用いFAXにて送信してください。

連絡先

FAX : 03-3733-2871

トレーシングレポート受付時間

随時受け付けております


PAGE TOP